logo logoword
栏目图片

明本(1263年―1323年)

2018年05月10日

明本、号中峰、浙江杭州人、十五歳から居士の5条戒規制を従って、出家が欲しいが、父は許可しなかった。仏教と隠士の生き方をまねて、山中の僻地で考え込んで、自分の左手の小指を焼いた。後、失われたの指は中峰明本の頂と像の一つ特徴となる。中峰明本は、高峰原妙の俗家弟子を三年やった。1288年に髪を下ろして出家した。数年後、学業合格の証として、自賛を書いた元妙頂相を得た。中峰明本は、獅子正宗禅寺で多い職務を担当していた。しかし彼はできるだけ人を離れた。高峰妙原が死んだ後、彼は旅行を始めた。1296年には呉門(蘇州)に着いたが、1298年の冬は弁山で初めての静修供養のお寺を建て、「幻住庵」と命名した。「幻住老人」を自称した。翌年、呉門に越し、明本は蘇州阊門の外の雁蕩村に着いて、松岡があったのを見て、ここで庵を「幻住」と命名した。趙孟頫はそのために「栖曇扁」を書いた。西暦1306年、中峰の最も早い日本の門徒の一つ-遠渓祖雄は彼の指導の下で参禅した。至大元年(西暦1308年)には、皇太子に「法慧禅師」が贈られた。延祐五年(1318)、元仁宗に「仏慈円照広慧禅師」が贈られた、錦丈の袈裟をもらった。翰林学士の趙孟頫は中峰に碑文を上げました。治二年(1322)には、元英宗の特旨に応じて、降香して僧袈裟を贈った。翰林学士の趙孟頫は、彼に教えを乞った。1323年8月14日、中峰は偈語を書いて死んだ。お墓は今西天目山開山君殿(師院旧跡)の山の斜面にあります。元順帝は1334年に「普応国師」を賜った。

中峰明本は住所がさだまらない、時には庵、時には船、あらゆる所に旅行し、彼は有識者であり、詩を作るのが得意である。七言の詩「梅百詠」が今まで伝えられる。彼は『幻住清定』、『天目明本禅師雑録』を書いて、書道は自成一体で、いわゆる柳葉体である。中峰明本は有名であり、多くの僧侶や俗家信者を追随されり、天如惟则の先生である。


友情鏈接: 網師園| 滄浪亭| 拙政園| 石湖| 楓橋景區| 蘇州市植物園| 耦園| 天平山風景區| 星蘇遊| 蘇州市園林綠化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1   蘇州獅子林管理處 版權所有 網站建設:蘇州蘇恆網絡科技有限公司    電話:0512-62992190