logo logoword
栏目图片

干ばつの山

2018年05月10日

干ばつの山は大雨に恵まれて乾くことができる。その位置は南起立雪堂の北側の長廊下の塀、北はプラトンの前に香花橋の南端を指し、南北は約33メートル、東自通信の評判堂、小方庁の西山の壁、西から池の東の岸辺まで、幅約24メートル、敷地面積は約820平方メートルです。少し長方形を呈し、中間は90平方メートルの「盆地」で、臥雲室が建っている。局の部分の上、中、下の3階、山の上の奇峰は林立して、山中の穴は奥深いです。

9本の線の中で主線が最も長くて最も複雑で、そばにはいくつかの分かれ道があります。石畳の前にある香花橋の南東に入って、条石、石板橋の6つを経て、穴の谷は8つ、上、中、下の3つの段階を経て、途中では明代の「大石屋」の基礎を見て、元、明の時期の円形、五辺形、六辺形の青石の条を基礎とした「禅小屋」遺跡がある。何曲かの曲は、上下にぐるぐる回って、碁盤の穴に回って、小方庁の南側に花瓶形の地穴から出ます。

仮山九条路線の二(南北線)は、香花橋の南西の入り口に入って、石橋の下を通り抜けて、池の東岸に沿って旋回して、段の上下には修竹閣の北に直行します。

線路の三は、丘軒前の香花の橋の東の入り口を指して、1つの穴を経て、上段の道が寝床の北側に転入して、仮山の懐の小さい“盆地”に臨みます。(図録、3、線3 - 1すなわち1 - 1;3 - 2すなわち6 - 5)は簡単に言う。

路線の四、入信堂の西北の「勝勝」門は、横雲室東側1穴と谷に転入し、「碁盤洞」、小さい頃から方庁の南西の花瓶形の穴が出ています。(図を見て、3、線の4 - 1、4 - 2)、すなわち、通信論堂の西北の「勝勝」門は(直線)――小方庁の南西の花瓶形の穴が出ます。

路線の五、交信堂の西北に入る「勝勝」の門路は横雲室を経て、西条石橋の下で3つの穴を抜ける(その中に水の仮山の穴と谷を渡る)は、修竹閣西、紫藤棚の東端である。(図録、3、線5 - 1~5 - 5)は、臥雲室西条石橋下(東西線)である紫藤棚の東。

路線の六、入臥雲室北段道側洞口は、2つの穴と谷を経て、2基の青石板橋を経て、上見山楼に沿って、主干道(2穴、2橋はいずれも繰り返しカウントしない)に沿って、臥雲室の北段道口から出ます。(図を見て、3、線の6 - 1から6 - 5)、横雲室北(折り返す線)が穴に入ります。


友情鏈接: 網師園| 滄浪亭| 拙政園| 石湖| 楓橋景區| 蘇州市植物園| 耦園| 天平山風景區| 星蘇遊| 蘇州市園林綠化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1   蘇州獅子林管理處 版權所有 網站建設:蘇州蘇恆網絡科技有限公司    電話:0512-62992190