logo logoword
栏目图片

欧阳玄や危素

2018年05月10日

ユーラシア(1283年―1357)

欧陽玄人、字原功、号圭斎、湖南省陽人、祖籍江西省の庵、欧陽修の族の系、元から元二十年(西暦1283年、もう紀元1273年と言われています)。元代延翔2年(1315)中に入士して第3位、官の40年余りになって、前後六は翰林に入って、2つのために酒を供することができて、2つの主考で、一生史学の業績で最も際立って、同時に詩文で天下を有名にして、「一代の宗師」と呼ばれています。

1333年の1833年の1833年の翰林院直学士は、『泰定帝実録』、『明宗実録』、『文宗実録』と『寧宗実録』を編修し、「四朝実録」と称した。その後も旨として、遼、金、ソンの三史を修飾する。「唐書改宗」、「至正河防記」、「救難事略」、「車の志」、『圭斎集』を著し、「至正条格」の23巻が書き込まれた。暦は四十五年、死後朝廷が号文を呼ばれ、楚の国である。至正十四年(1354)欧州玄武が獅子林のために「師子林菩提正統寺記」を書いた。もともと自分で書きたいと思ったが、病気のために教習医の兵部の人外郎の危うさを書いて書いた。

危ない(西暦1295年―1372年)

危ない、字が素朴で、号雲林、金渓(江西金渓県黄通高橋)人(常川人、臨川現江西慰州)。元成宗元貞元年(1295)に生まれ、明太祖洪武五年(1372)、七十七歳。唐の慰州は歴史の危うさの子孫を突き刺されて、少なくて五経を通じて、博学多才である。元朝はかつて国子助教、翰林編修、太常博士、兵部名外郎、監察御史、工部服郎、大司農丞、講部未書である。明の初め、翰林のために学士を話し、ソン?ソンと修元史、兼弘文館の学士、顧問、経史を論説した。御史王著などは亡国の臣であり、重用するべきではない。西暦1370年には、七十代の危うさは、和州(今安章省に含まれている県)、守余欠けの廟である。一年後の憂憤死。史学の分野では不滅の貢献があったが、宋、遼、金史本が執筆した。

元至正十四年(西暦1354年)の危険な時任の翰林文字文文林郎同知滅兼国史院編修官は「師子林菩提正統寺記」を書いた。また、「師子林記」と書かれていた。「師の林紀勝集」にも記載されている。


友情鏈接: 網師園| 滄浪亭| 拙政園| 石湖| 楓橋景區| 蘇州市植物園| 耦園| 天平山風景區| 星蘇遊| 蘇州市園林綠化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1   蘇州獅子林管理處 版權所有 網站建設:蘇州蘇恆網絡科技有限公司    電話:0512-62992190