logo logoword
栏目图片

潘奕隽、吳錫麟

2018年05月10日

パンジー味わい(西暦1740年―1830年)

字は愚かで、字は愚を守って、号真珠のさつき、水雲漫士、三松、夜号は松の老人、江蘇呉県人。乾隆三十四年(1773)に入士し、内閣の中書、典試験官が戸部貴州司の主事に至るまで、帰家辞官になる。道光の2年(1822)、皇帝の招待に参加して、人の外の郎の肩書を授けて、道光の9年(1829)、年9旬は再び招待されて、4品の卿の肩書をプラスします。パンは、道光十年(1830)時に九十歳になった。

「三松堂集」は「三松堂集」である。「師の林紀勝集の続集」には、「遊画禅寺(清代獅林寺かつて名画禅寺)には、宮主の黄氏の家族の異変が反映されている」と、詩「遊画禅寺(清代獅林寺かつて名画禅寺)に贈った」という。


吳錫麟(西暦1746年―1818年)

清代文学者、字聖象徴、号谷人。銭塘(今浙江省杭州)人。乾隆40年(1775)入士。詩林院庶吉士、編修、国子監のために酒を慰めることがある。後は親に乞食を乞う。主に揚州安定楽儀書院は終わりまで。

呉沙謙の詩はあっさりして秀麗で、古体は時には藻が豊かで、代表作は「双忠の祠」、『鳳凰山懐古』、『観夜潮』、『読み放し集』など。浙江省の詩人の中では、朱(□尊)、杭州(世駿)、激しさに続いて、自成している。言葉もできるが、その詩と余計な文の有名なものではない。呉沙謙文は、代表作は『務本論』、『岳飛論』、『袁書先輩書』、『蘇文忠公詩合注序』、『湖心汎月記』など。『有正味斎集』の73巻がある。

『師の林紀勝集の続編』では呉龍太郎の『師子林歌』の七言詩に当時の獅子林の幾つかの光景が記されていた。


劉臨川(西暦1859―1932年)

劉臨川さん、蘇州の書画家です。本名の世の写真、一名の照、字は川に臨み、王内閣序「光照臨川の筆」の意味は、名前として、雁潭、長州(蘇州)人、居吉由里。その山水画は原典の筆法で、王石谷の配置を学ぶ。作品は上品で、技法は熟練していて、江南の景色を多く描くことが多い。古画を模倣するのが得意で、花も良い。その書道、正の草の篆書、何もできないで、尤精篆隷属、秦漢の六朝晋唐の各家の堂々としていることができます。かつて天官坊14号陸氏の清客で、陸氏のために「呉公園の奥」を作って、構図から画法に至るまで、均一な人は総領して、その功の底の厚みを見た。

1917年に貝潤生の招待を受けて、獅子林の拡張工事を主宰します。このプロジェクトには、「呉公園の奥」という体量や用材を参考にしたところが多く、陸氏に先行してシミュレーション、研究をしていたところが多い。劉臨川は、1925年に蘇州美専国画科の講師を務めた。1930年に張一報、呉子深、費仲酔いなどと「冬の書画済鉢会」を始め、字画を寄付して販売し、庶民を救済した。劉臨川は人の厚道、誠実で年長者の風があって、かつて顔純生、公平にいっしょにして、蘇州の書画界に福禄寿のサムスンを尊びられて、画壇の三老。


友情鏈接: 網師園| 滄浪亭| 拙政園| 石湖| 楓橋景區| 蘇州市植物園| 耦園| 天平山風景區| 星蘇遊| 蘇州市園林綠化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1   蘇州獅子林管理處 版權所有 網站建設:蘇州蘇恆網絡科技有限公司    電話:0512-62992190