logo logoword
栏目图片

乾隆皇帝の六遊獅子林は「真趣」

2018年05月10日

清朝の高宗の乾隆皇帝の在位の間、かつて6下江南巡遊は、皇帝が黄雪川の務と浙江海池の工事を自ら監督していたのだが、実は彼の生涯を満足させるために遊山遊びの嗜好を満たすためだ。乾隆の下で江南で一番好きなところは蘇州の獅子林を含んでいます。

乾隆の30年(1765年)の4回の南回りの時、獅子林のために「真趣」と題している。その年の乾隆皇帝がライオン林で遊んでいた時、ここの石の迷宮に対してとても好奇心があって、自分が自分で中に行って1回行ったことを要求した。しかし、皇帝が左に歩いてこの迷宮の中を歩いていても、2時間も歩いて行くことに成功しなかった。です。

出てきた乾隆帝は喜んで、「面白い」という字を書きました。随行中の状元郎の黄河は状を見て、慌てて地にひざまずいて、皇上のこの3つの字が力強くて力強い、特に中間の「有」の字は、まるで入木三分である。彼は皇の上でこの“有”の字を自分に与えてもらった。そして、乾隆皇帝は、ついでに舟を押して、「ある」の字を取り除いて、その字を元郎黄河に与えた。そして、「遊獅子林即景雑詠」の七絶と七律との一首を書いた。その中で絶句の一つは「城中佳処は獅子林で、細雨の軽風という初尋問である。」市の中を騒がないではないか。律詩の中で「顔を読むごとによく目を楽し、やり直すのはもっと楽しい」と言って、絵を写すのは「雷門の布の音のように笑う」と思っていた。その後、浙江に行った後に京に帰り、途中で蘇州に住んでいた。そして、獅子林に行って、「再びライオン林」を残した。息子は長春の園内で獅子林を建てて、銀の7万2を使って避暑山荘で再び獅子林を建てて、しかも2部の地図を模写してそれぞれその中に置いて、原因は“石と子の笈”に収蔵します。このように、乾隆帝は獅子林に対する愛情があることがわかる。


友情鏈接: 網師園| 滄浪亭| 拙政園| 石湖| 楓橋景區| 蘇州市植物園| 耦園| 天平山風景區| 星蘇遊| 蘇州市園林綠化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1   蘇州獅子林管理處 版權所有 網站建設:蘇州蘇恆網絡科技有限公司    電話:0512-62992190