logo logoword
栏目图片

立雪堂取之「断腕立雪」の故事

2018年05月10日

渡辺渡江が少林寺に着いた後、南京で説を講じた神光は、千辛万苦を尽くして、ようやく長江を渡り、達磨を追いかけて少林に到着したと伝えられている。神光は少林寺に着いた後、達磨を師として、達磨に教えを求める。達磨は南京雨花台と神光との会見で、神光は傲慢で謙虚ではない。神光が達磨に教えを求めると、達磨は心がないと、婉曲に断る。神の光は、がっかりしていない。達磨は穴の中で座禅をし、神光が合わせている。神光は、達磨の九年に従って、禅師に対する一挙一動について、本当に心を楽しません。達磨は面壁の穴を離れて、五乳峰を下りて、少林寺に戻って、日常の仏事の活動をして、神光は先生の父の穴から寺に戻る。

時価は寒い冬で、達磨は後院の達磨亭で座禅をし、神光は亭の外に立っている。天が風雲を測っていないことを誰が知っていて、夜になってから、白い雪が天に覆われて押し寄せてきた。この時、雪は神光の膝を冠して、全身の下に厚い毛骨の雪の毛布を羽織っていたようですが、神光はまだ手を合わせて、じっとしていて、敬虔に雪の巣の中に立っていました。次の日の朝、達磨は決めたが、彼は玄関を歩いてみると、雪の中に、神光が立っていた。達磨は、「雪の中に立って何をしているの?」神光は「仏に求める」と答えた。達磨はしばらく考え込んで言った。「私には、天に雪が降るならば」と言った。神光解意。これは聖僧が彼の悟りを教えてくれた九九の奥であることを意識して、ためらわずに持ち歩く警戒刀を取り出して、左腕に切って、「カツー」という音を聞いて、凍えた腕が地面に落ちて、血が飛び散って、地下の雪と神光の衣を染めていた。誰がこの敬虔な刀の音は雲によって霧を回して、西の日を飛ぶことを知っていることを知っていて、仏の祖は来て来て、手に従って袈裟を脱いで、東の土に投げます。一瞬の間に、少林の全体が、赤い光が覆われていて、彩霞のような雪が血で赤く染められた。神光は手にした警戒刀を置いて、血にぬれた左腕を腰に取って、達磨亭を巡り、赤雪の中に立ち、亭の周囲の雪も赤く染められた。この光景を、達磨ははっきりと見た。彼は神光が彼に教えを求めようと思って、長い間後ろに立っていたことを感じて、今また雪は腕を断たれて、元の傲慢な傲慢な気持ちはすでに克服して、禅宗の態度は敬虔である。達磨は衣鉢を追って、器を神光に与える。

彼は激しい痛みを我慢して、雪の巣にひざまずいて、わずかな右手で「法」を迎えました。お礼を言って退く。それ以来、幸いに達磨を引き継いで、少林寺禅宗の第二世代となり、「二祖」と呼ばれる。二祖立雪を記念するために、寺僧たちは「達磨亭」を「立雪亭」に変えた。清乾隆皇帝が中座を訪ねた時には、「立雪断腕」の物語には、「雪印心の玉」という絵馬を書いて、立雪亭仏壇の上にぶら下がった。


友情鏈接: 網師園| 滄浪亭| 拙政園| 石湖| 楓橋景區| 蘇州市植物園| 耦園| 天平山風景區| 星蘇遊| 蘇州市園林綠化管理局

隔断

备案 苏ICP备16034185号-1   蘇州獅子林管理處 版權所有 網站建設:蘇州蘇恆網絡科技有限公司    電話:0512-62992190