獅子林管理処に顺調に完成2017年度指導幹部や中間基幹ように党建ように責任述廉で述べたように、勉強法及び民主評価作業
2018-01-12   11:39

 実行のために全面的に治党要求、さらに向上させるために指導グループや中間基幹単位で発展をリードする作用を率先して。正月きゅう、く日、獅子林管理カ所で2017年度指導幹部や中間基幹ように党建ように責任述廉ように学ように法及び民主評価会議。会議は、尤建明書記局副局長、司会、周祺林組織人事部高志刚副処長、管理処のリーダーシップチームのメンバーや班組長以上の管理者が会議に参加しました。


         で、尤建明書記2017年度管理処の党支部の建設、支部書記履职状況を特別述職。指導グループのメンバーそれぞれの仕事を結び付けて、思想改造、履职を果たし、廉潔自律、ルールなどをまとめた。意識に剖析した存在の問題の根源を羅列する問題、改善のリスト。その後、参加者はありのままの原則に基づいて、それぞれ党支部党建をつかんで、リーダーシップチームやメンバー徳、能、勤や実績、廉などの方面で民主的評価。評価終瞭後、周祺林副局長をコメント、会議の実施を肯定的に評価した、獅子林2017年度の仕事を高く評価し、新年度仕事して具体的な要求:1は発展の勢いを維持、活動、画策2018年度仕事、早く起動、オープン好头;2は革新意識を高め、観光地区のサービス機能を向上させるために、三として従業員チーム建設力、活力と競争力を維持します。


        今回の「五述べる」活動に拡大中間中堅、獅子林を党建の一回の試みは、実行して厳重に治党を強化し、幹部陣の建設の重要なふるまい。「五ように」、さらに促進する指導幹部は、中間基幹自覚を確立し、目標が悪く、標準転換を心がけ、像は、リード単位革新発展の中で好头を持って、模範的役割を発揮し、会議所期目標に達した。