獅子林管理所は火災事故の訓練を展開します
2018-01-26   11:17

 幹部職員を強化全体冬防火訓練を意識して、火災時の具体的な措置をとると方法、全面から庭園安全予防の仕事、蘇州市獅子林の管理所の近日園内で展開火災事故の演習は、事務職員、保安と清掃共さんじゅう人余り訓練に参加した。

        今回の訓練は模擬して大きい規模の火災が発生した時、消火器を訓練して消火すること、消防が消火することと人員の分散などを訓練します。訓練の過程の中で、従業員を火事の状況が出演する後、1組の従業員をマイクロ消防署に、急速に消防服を着た後にかけつけ花かご庁の水の岸テラス展開消火器操作や消火ホース切り替え演習は、近距離観察と体験を通じて、熟練に掌を握った消火器や消火ホースの使用セーブ初期火災の能力を備えたと同時に、他のグループ従業員を開け、応急チャネル、説得の観光客離れ現場スタッフ避難訓練を展開、災害防止度。

        訓練終瞭後、沈峰副主任は今回の演習のプログラムと内容を短いコメントをまとめて、社員一同を強調して今回の演習をきっかけに、消防安全仕事を非常に重視し、応急処置の計画を作って、消防安全作業所まで、消防安全意識の増強を確保するため、獅子林という「世界文化遺産」と観光客の身の安全を効果的に保護。