獅子林の管理所は祠堂のロビーの「五松図」の巨画を修復する
2018-04-23   10:08

このほど、獅子林管理所は、祠堂のロビーで2.7メートル* 2.2メートルの大きな物差し巨大な絵「五松図」を修復しました。「五松図」は蘇州の有名な画家の張リレーさんのために獅子林のために創作して、画風が重厚で素朴で、画面の上で5本の蒼っぽさは青々としていて、清代康熙の年の獅子林はかつて5本の松を抱くのんびりとした境地を再現した。「五松図」は、陳さんの過程で、光、温度、湿度の影響を受けて、文字の表面にはカビ、水垢、ホールの壁にも大きな塊のカビが残っています。陳列の歴史性と観賞性を維持するために、観光客が正常に見物することに影響しない中で、管理所はその壁に対して再修正を行い、巨大な絵に対して表装の修復を行って、微力を尽くして精進して、字画の元の姿を画する基礎の上で、それに対して引き立てて、託して、託します。表装、整然と、定型、枠など、現在はすべて修復され、新たな姿で観光客の前に現れる。