獅子林の管理所は局の“三優・西杯”を迎えて評価します。
2018-04-28   14:27

 4月25日午前、市園林と緑化管理局副局長の華益明監督局の各事務所の指導者、従業員が獅子林管理所に対して2018年上半期の「創三優・ソー園カップ」の競技活動を展開し、「五一」の節前の安全な仕事を総合的に検査しました。

 
    検査グループは、管理所の張さんの案内の下で、獅子林の園容、良質なサービス、環境衛生、安全管理などの状況を確認した。長平副主任は「三師三人」のサービスブランドと「6つの譲らない」の活動を目標にして、管理所の上半期の「創三優・ソー園杯」の競争を目指して報告した。試験評議組は獅子林の上半期の「創三優」と「五一」の節前の仕事の手配に対して十分に肯定して、下歩の仕事に対して、華益明副局長は具体的な要求を提出しました。1は旅行の情勢を判断して、景勝地の柔らかいハードウエアの施設を最適化して、個性化、人性化のサービスを提供します。容園の容貌とメンテナンスと管理、常態を維持し、死角を残さず、古典庭園の保護を行います。3は、景勝地の安全性に対する検査の力を増大させ続けることで、重点の防火、生産後勤の場の管理と規範に重点を置いて、排他的な全面的な調査を行うことができる。
 
    獅子林管理所も今回の検査をきっかけに、サービス意識、責任意識、大局意識、創造意識、安全意識をしっかりと確立し、さらに様々な予案をしっかりと行い、旺盛な情熱、優れたサービス、優美な環境と優れた秩序を持ち、「5一」の客流のピークを迎え、祝日の旅を確保する。整然として、責任のクレームがなくて、景勝地は安全で事故がありません。