位置:ホーム >禅意園林
禅意園林

主な築山は歴史が長く、禅意を含め、唯一の中国における早期洞壑型築山群の遺跡である。

1.歴史が長い

建設開始年代の説:獅子林は最初元代の至正二年に建設され、西暦1342年に「天如禅師維側の弟子がその師のために作られたもので」、「林に一万の竹があり、竹の下に奇妙な石が多くて、一部が狻猊に似ているため、師子林と名付けられ、その名とは天目山獅子峰が師の教訓を受け、その源を記述している。」

他の説:元代の有名画家である朱徳潤の作品「獅子林図所」の記述によると、元代の泰定(西暦1324-1328)中では、朱徳潤(1294-1365)は京から蘇州へ戻り、獅子林で維則と会った。「その林が隠れていて、石が切り立ち、いわゆる師子峰が突然その中に現れる…」

獅子林の建設開始年代について、二説があるが矛盾せず、師子林にあるたくさんの築山が一夜でできるものではない。史料には「その土地は元々前代の貴族の産業だった」と記載がある。また、北宋の徽宗皇帝が京の開封で大築山を作るため、官員を江南へ太湖の石を取りに派遣し、その石が「花石網」と呼ばれ、石の運搬がまだ完成していない頃、北宋が滅亡したという。一部の石は運搬されず、荒れた庭園に置いたままだった。

西暦1342年、即ち至正二年、獅子林が正式に「寺院」として定着したが、その中の築山の積重時期は「寺院の開院」より早い。

2.禅意の含有

獅子林は普通の文人山水園と違い、その築山群に深い禅意があり、獅子林の創設者の宗教思想を反映している。元代の有名画家である朱徳潤の《師子林図序》には維則の園林建設思想を示す維則との対話がある。「その林が隠れていて、石が切り立ち、いわゆる師子峰が突然その中に現れる。それで弟子は師にダルマが言ったように、龍が水中最強の動物で、象が陸上最強の動物。だから、森の中で最も強い動物は獅子のはず、かの猛獣を退けられると言った。師はそれを否定し、石が勇ましい獅子のように見えるが、ほかの猛獣を退けるものではなく、勇敢さと勇ましいさを参考するのは文殊の天性と言った。弟子は昔の人が獅子吼を作るのが、その声と外観で全て障碍を排除できるからだと言った。師はそれを否定し、声と外観がないが、その言うまでもなくの意思を示すと言った。弟子はそれを理解し、わが師こそその比喩ができる。世間では、形や色がないと、意思を示せないが、わが師が師子でその林を命名するのは、言わなくてもその意思を世間へ示せる。真実を保てば欲望を消せる。冷静を保てば、どんな声や外観にも恐れずにいられる。だから、周囲の獅子状の石を見れば、獅子として見るとそれが獅子、石として視るとそれが石、すべては自分の意思次第だ。師はそれを肯定した。維速は獅子の形をしている石を借りて、世間に対してその禅意で冷静を保ったり欲望を消したりすることができる。「形や声がない」を狻猊に託して世間の人々を教訓する。これは維則が獅子林を建設した本当の目的だという。